The Planet2 Canada vol.3

20180809 Thu

planet2

こんにちは!高砂淳二の <The Planet 2>、カナダ編第3弾“Blue Elements” がアップされました!
「“青い惑星”を創り上げている水は、水、氷、雪、水蒸気、結晶など、様々な形に変化しながら地表を巡り、まるで地球の血液のようにこの青い惑星を生かしている。そんな水のクリアな色や美しさは、なぜか僕らを魅了してやまない。」
ぜひご覧ください!
http://www.nikon-image.com/sp/theplanet/

The Planet 2 by Nikon “Blue Elements” has been released.
“The water that creates our ‘blue planet’ changes its form to liquid, ice, snow, steam, crystal… and circulates the surface of the planet. It is like the blood that keeps Earth alive. Water’s clear color and beauty never cease to fascinate us.”
http://www.nikon-image.com/sp/theplanet/

ラジオ出演があります

20180806 Mon

恵さん

高砂がFMラジオに登場します!
明日8/04(土)と、8/11(土)の2回に渡り、
恵俊彰さんの「Challenge Stories」(15:30~15:55)
に高砂淳二が出演し“挑戦”をテーマにお話しします。
TOKYO-FM/80.00 がキーステーションとなる全国ネットでのオンエアです。
ぜひお聴きくださいね。

http://www.tfm.co.jp/challenge/

Junji Takasago will appear on Toshiaki Megumi’s TOKYO-FM(80.00) program
“Challenge Stories” on August 4th and 11th, at 15:30 – 15:55.
It is aired nationwide. Please check it out!
Date & Time: August 4th & 11th / 15:30 – 15:55
Radio Station: TOKYO-FM (80.00)

http://www.tfm.co.jp/challenge/

フォトノマキ写真展

20180730 Mon

ホタテ

高砂の故郷の石巻で、復興写真イベント“フォトノマキ”の写真展がスタートしました。
高砂は、女川の海中で撮り下ろした作品18点を大伸ばしにして、女川駅前海鮮市場“ハマテラス”に、高砂淳二写真展「女川の海の中」と銘打ってドドーンと飾っています。
買って食べる前に、迫力のある生前の雄姿をご覧いただいています(笑)
“フォトノマキ”写真展は、写真家の立木義浩さん、宮原夢画さんほか高砂を含む5名が、それぞれ石巻で撮影した作品を、石巻近郊の5か所で別々に写真展を行っています。
「石巻の写真展を巡り、美味しい海産物を食べる旅」はいかがですか?
女川の海に潜りたくなったら、ハマテラスの隣に、ダイビングサービス・ハイブリッジさんもありますよ!
写真は、養殖のホタテ貝です。
https://pmm-ishinomaki.jp/photo-no-maki2017/exhibiton.html
http://onagawa-mirai.jp/hamaterrace
http://high-bridge1.com/index.html

 

“Photo no maki” photo exhibition has started in Junji Takasago’s hometown Ishinomaki.
“Photo no maki” is an event to assist the restoration following the Great East Japan Earthquake.
Junji’s exhibition “Underwater World in Onagawa” is taking place at the fish market “Hama Terrace”.
5 professional photographers including Mr.Yoshihiro Tatsuki and Junji Takasago are holding their own exhibitions in Ishinomaki city.
Please visit Ishinomaki and enjoy the exhibitions and the seafood!
If you want to dive there, dive shop “High Bridge” is next door to Hama Terrace.
The photograph is of farmed scallops.
https://pmm-ishinomaki.jp/photo-no-maki2017/exhibiton.html
http://onagawa-mirai.jp/hamaterrace
http://high-bridge1.com/index.html

 

岡田紅陽写真美術館での写真展「Dear Earth」

20180722 Sun

_D8J6601

富士山を目の前にした、落ち着いた写真美術館”岡田紅陽写真美術館”で、高砂淳二写真展「Dear Erth」が始まりました。

会期:7月14日(土)から9月17日(月)まで

トークイベント:7月28日(土)14:00

トークイベントでは、スライドをご覧いただきながら、高砂が世界の絶景の撮影秘話などをたっぷりお話しします。
新宿から美術館前まで、直行バスでお越しいただけ、忍野八海、富士山、富士五湖も近くです。
ぜひお越しください!
〇岡田紅陽写真美術館
住所: 山梨県南都留郡忍野村忍草2838-1
電話番号: 0555-84-3222
http://shikinomori.webcrow.jp/index.html
Junji Takasago’s talk event will be hold at his photo exhibition “Dear Earth” at Okadakoyo Photo Gallery.
Please visit the Gallery near Mt.Fuji and enjoy.

http://shikinomori.webcrow.jp/index.html

DOLPHIN MAN EVENT

20180613 Wed

ジャック半水面

こんにちは!
国際短編映画祭Short Short Film Festival 2018 (SSFF)の連動企画、ジャック・マイヨールのドキュメンタリー映画「DOLPHIN MAN」本編と「DOLPHIN MAN」VR映像の上映、そしてトークイベントをご覧いただけるイベントがあります。
トークイベントは、「DOLPHIN MAN」制作統括プロデューサー内野敦史氏、SSFF&ASIA VR部門「VR SHORTS」アドバイザー待場勝利氏、そして高砂淳二の3名で、本編およびVR体験のあと、ドキュメンタリー制作の裏側、VRの可能性、写真とVRの違いなどについてお話しします。
席に限りがありますので、ぜひお早めに以下からお申し込みください!
日程: 2018年6月23日(土)16:30〜19:00(東京・恵比寿)
参加費:¥1,080
https://www.fellow-s.co.jp/academy/seminar/ssff-dolphonman/

Hello! The Short Short Film Festival 2018 will host a screening & talk event of “Dolphin Man”, a documentary on legendary diver Jacques Mayol, on coming June 23, Saturday. The film “Dolphin Man” and its short VR film will be screened, followed by a talk event, welcoming the film’s Japanese producer Mr. Uchino, SSFF&ASIA “VR SHORTS” Advisor Mr. Machiba, and Junji Takasago. They will be discussing topics such as the making of the documentary, the future possibilities of VR, and the difference between photography and VR.

The seats are limited, so if you are interested, please feel free to sign up from the link below!

Date: June 23, 2018 Saturday 16:30 ~ 19:00
Place: Ebisu, Tokyo
Fee: ¥1,080
https://www.fellow-s.co.jp/academy/seminar/ssff-dolphonman/

The Planet 2 renewed!

20180608 Fri

1_D050319

こんにちは!
今回の「The Planet 2」は“宇宙からの光が降り注ぐ場所”。カナダの美しいオーロラ、9連発でお見せします!夜空を覆いつくすオーロラのタイムラプス映像や、高砂の撮影舞台裏、なども披露しています。ぜひご覧ください。
http://www.nikon-image.com/sp/theplanet/

Hello! This time, The Planet 2 presents “Magical Night”.
Please take a look at the beautiful Northern Lights in Canada.
There is also a timelapse movie of the northern lights over the night sky, and behind the scenes of Takasago photographing.
http://www.nikon-image.com/sp/theplanet/

いたいの いたいの とんでけ~

20180527 Sun

いたいの

こんにちは!
子どもたちに大人気の創作あそび作家、谷口國博さん(たにぞうさん)と、写真絵本が発売になりました。
「いたいのいたいの とんでけ〜」(世界文化社)
高砂が撮影した世界のかわいい動物たちが出てきて、そこに、たにぞうさんの、おかしく元気が出る言葉が添えられている、ユニークでとっても楽しい絵本です。
日本全国の子どもたちに大うけ中です!ぜひご覧くださいね。
https://www.amazon.co.jp/いたいのいたいの-とんでけ-谷口-國博/dp/4418188193

Hello!
A picture book for children “Itaino Itaino Tondeke” (SEKAIBUNKA PUBLISHING
INC.) has been released in collaboration with TANIZOU, a creative “Asobi”
writer and singer, extremely popular among kids. It is a very fun and
unique book with adorable animals from all around the world photographed by
Takasago, together with TANIZOU’s playful words. Children all over Japan
are loving it! Please check it out.
https://www.amazon.co.jp/いたいのいたいの-とんでけ-谷口-國博/dp/4418188193

小笠原ツアー

20180520 Sun

aqua72

高砂と一緒に小笠原に行くツアーが、10月に開催されます!
マッコウクジラ、イルカなど、野生の海に会いに行きませんか?
以下、主催の小笠原FISHEYE笠井さんからの情報です。お問い合わせは、FISHEYEまでお願い致します。

「高砂淳二さんと小笠原を撮り歩くツアー」
秋のFISHEYE記念イベントのご案内です。
ふと気が付いたら私の小笠原FISHEYEは今年、創立20周年を迎えました。
無事に20年やってこられたのも本当に本当に皆さまのおかげです。
この場を借りてゲストの皆様、業界関係者の皆様、島民の皆様、現在および過去のスタッフたちに心から感謝申し上げる次第でございます。
そこで20年前の小笠原FISHEYEの設立時、まだ駆け出しの私のところに、いち早くテレビ番組「情熱大陸・高砂淳二マッコウへ会いに行く」でマッコウクジラの撮影に駆けつけて来られた写真家の高砂淳二さんを20年ぶりにお迎えし、高砂淳二さんと一緒に20年たった小笠原の外洋のイルカ・クジラの鯨類や、今ブームを迎えている浮遊系のマクロ写真を撮り歩くゲストも参加型の小笠原写真撮影ツアーを企画いたしました。

※企画(有)フィッシュアイワールド
※宿泊先・ペンションFISHEYE
※利用マリンサービス
ダイビングサービスFISHEYE のビーストマスターⅢ・定員32名をチャーターです。
※旅行日程
東京10月19日発~30日戻り便のロングツアー。
東京10月19日発~24日戻り便のショートツアー。
東京10月25日発~30日戻り便のショートツアー。

※旅行代金
ショートコース
ダイビング希望者 180,000円(TAX別)
ダイビングしない人165,000円(TAX別)
ロングコース
ダイビング希望者 360,000円(TAX別)
ダイビングしない人330,000円(TAX別)

※旅行代金には下記を含みます。
滞在中の全宿泊費・全食事(ショートステイは1回。ロングステイは夕飯4回、町のレストランで)・到着日から帰る日までの全ボート乗船代・ナイトウォッチング・南島上陸・ダイビング代・ナイトダイビング・カメラ以外の機材レンタル代金。
※代金に含まないもの
おがさわら丸運賃・アルコールやジュースなど嗜好品。
おがさわら丸のチケットは希望等級をFISHEYEでも手配できます。
問合わせください。

※ツアー内容
1日コースは毎日マッコウ海域まで遠征します。
南島の上陸もあります。
移動中はイルカを探しスイムいたします。
希望者には毎日1ダイブの旬のポイントや浮遊系のダイビングと夜間のライトトラップナイトダイビングも含みます。
勿論、ダイビングしない方の参加も可能です。
イルカを探し泳ぎます。

いずれも先着6~名様で少人数で打ち切りの豪華なツアーです。

毎晩、高砂さんと写真談義に花が咲く。
滞在中は飲食街の島料理屋で島料理代金も含みます。

小笠原の外洋はあのダイオウイカが住む皆さんの想像以上に沢山の種類の鯨類が住む住処です。
この20年で私が逢ったのはハンドウイルカ・ハシナガイルカ・マダライルカ・コビレゴンドウ・ゴンドウ・サワラクイルカ・アカボウクジラ・ニタリクジラ・ユメゴンドウ・コビレゴンドウ・シャチ・オサガメ・メカジキ・マカジキ・マンボウ・ジンベイザメ・マッコウクジラ!etc・・・
さてさて皆さんが何に会えるかな。
何に会えるかは運次第。
ロングの滞在期間中には天気次第でFISHEYE初のマッコウ海域でオーバーナイトツアーも企画しています。
価格や内容は興味のある方に別途お知らせいたします。
この機会に興味のある方は是非気軽にFISH EYE笠井まで問い合わせください。
https://www.facebook.com/nobutoshi.kasai

20180519 Sat

フィジーIMG_8978

ブラ!高砂です。
フィジーのマナ島に遊びに行ってきました。「ブラ!」はフィジー語で“こんにちは”。
フィジアンたちはみんな人懐っこく、顔が合えば、「ブラ!」と笑顔で挨拶してくれます。
道をぶらぶら歩いていると、「ブラ」、「ブラ」、「ブラ」という感じ。
世界でも1,2を争う笑顔大国なので、頭を緩めたいとき、リラックスしたい時などは、
南太平洋旅行専門の「トーホートラベル」さんにお願いし、一気に飛んでいきます(笑)

https://www.tohotravel.com/

そういえば、7月3日から9年ぶりにフィジーエアウェイズの直行便が飛ぶとの嬉しいニュース。
これでとても行きやすくなるなあ。
ビデオは、もう長い付き合いになる、マナ島ダイブショップのヨシさんからもらった“ブラ‐Tシャツ”。
Bula! I went to Mana Island- Fiji for fun.
“Bula” is “Hello” in Fijian language. Fijians are so friendly and they say “bula” with smiling faces when we meet eye-to-eye.
When I want to relax, I ask Toho Travel and fly there sometime.

https://www.tohotravel.com/

Fiji Airways will restart direct flights to Fiji on 3rd/July.
That’s a nice news!!
*http://www.nikon-image.com/sp/theplanet/
Nikon x Junji Takasago <The Planet2>

稀人アカデミア

20180501 Tue

P1020726

【稀人アカデミア】
~世界を渡り歩く自然写真家の仕事論。「奇跡の一瞬」の捉え方~
<アースフォトグラファー・高砂淳二×稀人ハンター・川内イオ>
5月11日(金)19:00~、 東京恵比寿 “amu”にて

 

トークイベントがあります。
写真家という仕事について、地球との向き合い方についてなど、稀人ハンターの川内イオが高砂淳二に迫ります。
将来を考えている学生さん、若い方などにもぜひ聞いていただければ幸いです。

 

詳細・お申込みは以下より。お待ちしています!
amuサイト:http://www.a-m-u.jp/event/201805_marebitoacdemia.html/
FB:https://www.facebook.com/amujp/

 
【Marebito Academia】
~Earth Photographer’s work theory~
<Junji Takasago×Marebito Hunter Io Kawauchi>
May 11th from 7:00pm at Ebisu “amu” Tokyo

 

A talk event will take place.
Io Kawauchi will interview Junji Takasago about his job as a “photographer” and talk on topics such as his way to face Earth.
Young people who are thinking about future are most welcome.
Please sign up from the site below.
amu site:http://www.a-m-u.jp/event/201805_marebitoacdemia.html/
FB:https://www.facebook.com/amujp/